ドーパミンを増やす食べ物を探されている方はどうぞご利用ください。

震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。
パーキンソン病薬をお考えの方へ耳よりな情報です→無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗

ドーパミンとノルアドレナリン・セロトニンの関係

ドーパミンとは

 

ドーパミンは、脳内に存在して大脳から発信される指令を神経に伝達し、人の精神や運動能力を正常に保つために機能するとても大切な物質です。この機能から神経伝達物質と呼ばれています。ドーパミンがあるおかげで人は思い通りに体を動かすことができますし、精神も正常に機能します。

 

ドーパミンは、食べ物に含まれる必須アミノ酸のフェニルアラニンやアミノ酸のチロシンを原料にしていったん体内でLドーパに生合成されます。そのLドーパは、血流に乗って脳に届き脳内の黒質細胞でドーパミンに変化してその機能を発揮します。

 

脳内に十分なドーパミンを確保するためには、アミノ酸や必須アミノ酸が含まれたバランスの良い食事をすることと体や脳の機能が正常に働く状態である必要があります。

 

ドーパミン

 

ドーパミンと並び称される神経伝達物質にノルアドレナリンとセロトニンがあります。この3つは、相互に補完作用があります。

 

ドーパミンは喜び・快楽・報酬に関係する行動を誘発しノルアドレナリンは恐れ・驚きなどの情報をコントロールします。

 

セロトニンはこの2つの神経伝達物質の作用で高ぶった心を落ち着かせます。セロトニンは、心のバランスを整える作用があるのでそれが減少すると精神のバランスが崩れて凶暴性を発揮したり依存症に陥ったりウツ病を発症したりすると報告されています。

 

セロトニンが減少する原因として指摘されているのが現代の生活リズムの乱れです。TVやゲームなどへの依存、昼夜逆転で日光に当たることもないような不健康な生活、運動不足でストレスの多い生活がこれに当たります。

 

セロトニン

 

セロトニン不足

震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。
パーキンソン病薬をお考えの方へ耳よりな情報です→無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗