ドーパミンを増やす食べ物を探されている方はどうぞご利用ください。

ドーパミンを増やす「たっぷく豆」
ドーパミン不足を指摘されてお悩みのあなたへ無添加100%「たっぷく豆」

食べ物がドーパミンになる仕組み

体内にドーパミンを増やすには、その原料であるアミノ酸類を多く含むタンパク質の豊富な食べ物を食べることが第一です。その食べ物は体内で分解されてアミノ酸に合成されます。

 

また体内で合成できない必須アミノ酸は食べ物から直接吸収することになります。これらアミノ酸のうち「アミノ酸のチロシン」と「必須アミノ酸のフェニールアラニン」はLドーパというアミノ酸の一種に合成されてやがてドーパミンになります。

 

ここでは、食物がドーパミンになる工程を説明します。また、Lドーパは体内で作らなくてもそれを含む食物を食べることでも補給できます。

 

ドーパミンはこんな工程を経て脳内で作られます。

 

 

食物がドーパミンになるための過程は、アミノ酸の種類によっても違ってきます。

 

チロシンやフェニルアラニンを経由してLドーパ→ドーパミンになるよりは、

 

Lドーパを直接吸収してドーパミンを作る方が効率的です。

 

病気などの理由で体内でLドーパが作れない人やパーキンソン病などによってLドーパをドーパミンにする力が弱くなっている人には、ドーパミンの直接の原料であるLドーパを含む食物を食べてドーパミン生成能力を補完することは理に適っています。

 

 

 

まとめ

このように、よく知られている『ドーパミンは、「やる気」「活力」「元気」などの人のココロの状態がとても良い時に分泌されている「ココロの元気の源」』はとても大切な事柄ですが、「カラダを動かす原動力」というさらに大事なことに大きくかかわっているものがドーパミンなのです。

 

ココロの元気とカラダの元気の源のドーパミンを適正量維持するために、@バランスの良い食事A健全なカラダの機能B適度な運動を心掛けましょう。

震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。
パーキンソン病薬をお考えの方へ耳よりな情報です→無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗