ドーパミンを増やす食べ物を探されている方はどうぞご利用ください。

ドーパミンを増やす「たっぷく豆」
ドーパミン不足を指摘されてお悩みのあなたへ無添加100%「たっぷく豆」

ドーパミン不足とパーキンソン病など

パーキンソン病

 

ところでドーパミンを作る脳内の黒質細胞が何らかの理由で減少する(その理由はまだ解明されていません。)と製造されるドーパミン量も減少することになります。

 

そして脳内のドーパミン量が20%を割り込むとパーキンソン病を発症すると言われています。その症状として良く知られているのが、

 

@安静時に手足が震える「振戦」

 

A筋肉がこわばる「固縮」

 

B動作が緩慢になる「寡動・無道」、C転びやすくなる「姿勢反射障害」が代表的なものです。

 

 

これらは医学的な表現ですので分かりにくいと思います。分かりやすく言えば、「カラダが思い通りに動かない」ことで、例えば、横断歩道を渡ろうとしても最初の一歩が出ないために渡り出すタイミングがずれて青信号の間に横断歩道を渡り切れなくなってしまうようなことです。

 

また、歩いている場合に自分の意志で歩みを止めることができずに「トットットットッ・・・」といった具合で進んでしまい壁などにぶつかるまで止まらないこともあります。

 

パーキンソン病のつらいところは、人によりけりで必ずしも同様ではありませんが、進行性であることです。体が思い通りに動かない度合いが徐々に進み、寝たきりになってしまう可能性があるという点です。
この病気にはドーパミンの前駆物質のLドーパの薬が良く効いて正常な体の動きを維持することができますが、長期間の服用では効果が薄れたり副作用が発生することが報告されています。

 

ドーパミン

 

パーキンソン病の場合は、「短期間で」「急激に」ドーパミンが減少して発症しますが、上のイメージ図で示すとおり、加齢によって減少することもあります。それはゆったりとしたものなのですぐにパーキンソン病につながるものではありません。

 

ただ、若い頃に比べてドーパミンが減少することによって運動能力が低下したり、集中力や注意力が減少してやる気がなくなったり、人とかかわるのも嫌になって社会から離れていくようになると言われています。ですので、ココロの元気とカラダの元気を維持するためには常にドーパミンの量を適正に保つことがとても大切です。

 

 

むずむず脚症候群
ドーパミン不足が原因とされる病気として「むずむず脚症候群」があります。症状は、脚の内部に虫がいてモゾモゾと動き回っているような不快感です。そのため、休みなく常に脚を動かさずにいられない状態になるのでRLS(restless legs syndrome)とも呼ばれています。

 

特に夜寝ている時に症状が出やすいので不眠症で苦しむ人が多い病気です。症状は、脚ばかりではなく背中や肩の周囲の内部にも出る場合もあります。

 

また、体のどの部分に症状が出ても表面の皮膚がカユイわけではなく体の奥なので、引っ掻くことで一時しのぎをすることさえ出来ないとてももどかしく苦しい症状です。

 

 

ひどい場合は、その症状の気持ち悪さで「ギャーッ!」と叫ぶことがあったり、イライラでナイフを突き刺したくなる程です。

 

この症状は、ドーパミンの不足以外に鉄分の不足がドーパミン不足と相まって発症するともいわれています。

 

発症の原因は、鉄欠乏性貧血、腎不全、パーキンソン病、妊娠がきっかけの場合もあります。

 

また、医学関係者の間であっても認知度が低い病気であるため病院に行っても見過ごされてしまうことがあり「病院のたらい回し」になって「原因不明のココロの病」と判断されて心療内科にまわされたりでいつまでたっても良くならないという体験談がたくさんあります。

 

的確に診断がくだされてドーパミンの前駆物資のLドーパ(レボドパ)の薬や鉄分を補給するように対処すると効果あることが報告されています。

 

 

 

 

 

 

震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。
パーキンソン病薬をお考えの方へ耳よりな情報です→無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗