ドーパミンを増やす食べ物を探されている方はどうぞご利用ください。

震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。
パーキンソン病薬をお考えの方へ耳よりな情報です→無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗

ドーパミンが不足するとどうなるか

ドーパミンは脳の黒質細胞で作られて脳の指令を体全体に伝える役目を果たします。そのため神経伝達物質と呼ばれます。

 

ところで脳内のドーパミン量が20%を割り込むとパーキンソン病を発症すると言われています。その結果どうなるかというと脳からの指令が十分に伝わらなくなり、体を動かしたいという意思があっても満足に動けないようになります。

 

その症状の一例は手足が震える、歩きたいのにうまく足がでない、体が硬くてギクシャクするなどです。

 

ドーパミン

 

パーキンソン病の原因は、ドーパミンを作り出す脳の黒質細胞の減少に伴うドーパミン生成量の減少と言われています。その特徴は「短期間で」「急激な」ものですが、なぜそうなるのかはまだ解明されていません。

 

また、上のイメージ図で示すとおり、パーキンソン病によらなくても黒質細胞は加齢に伴い減少しますが、それはゆったりとしたものですぐにパーキンソン病につながるものではありません。

 

パーキンソン病を発症した場合の症状として良く知られているのが、安静時に手足が震える「振戦」、筋肉がこわばる「固縮」、動作が緩慢になる「寡動・無道」、転びやすくなる「姿勢反射障害」です。

 

また、パーキンソン病を含め、ドーパミンが減少すると集中力や注意力がなくなりやる気がなくなったりし、人とかかわるのも嫌になって社会から離れていくようになると言われています。

 

パーキンソン病

震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。
パーキンソン病薬をお考えの方へ耳よりな情報です→無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗