ドーパミンの基礎知識

ドーパミンを増やす「たっぷく豆」
ドーパミン不足を指摘されてお悩みのあなたへ無添加100%「たっぷく豆」

ドーパミンはどうやって作られるのか

ドーパミンは、やる気が出た時にカラダの中に降って湧くように現れるわけではありません。実は体内には常に一定量のドーパミンが存在しているのです。その仕組みは以下です。

 

人は食事から得たたんぱく質を分解します。それをもとにしてアミノ酸類を合成し、合成できないものは食事の栄養素から必須アミノ酸としてそのまま体に摂り入れます。

 

それらアミノ酸類の一部、チロシン、フェニルアラニンをもとにして体内でドーパミンの前駆物質Lドーパを生成します。そしてそれが脳に届いて脳内の黒質細胞でドーパミンに生成されます。

 

 

すなわち、体内に十分なドーパミンを確保するためには、

 

@そのもととなるアミノ酸類を豊かに含みその他の栄養素も確保できるバランスの良い食事

 

A摂り入れた食物をしっかりと分解、消化・吸収力できる丈夫な胃腸

 

B体内でアミノ酸類を適切に合成できる健全な機能

 

C脳内の健全な黒質細胞の存在、が大事です。

 

これらのどれかの機能が低下するとドーパミンが不足する状態になりやすくなります。

震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。
パーキンソン病薬をお考えの方へ耳よりな情報です→無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗