ドーパミンを増やす食べ物を探されている方はどうぞご利用ください。

震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。
パーキンソン病薬をお考えの方へ耳よりな情報です→無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗

ドーパミンと食べ物の関係

ドーパミンを増やすには、タンパク質の豊富な食べ物を食べることが第一です。その食べ物は分解されてアミノ酸に合成されます。また合成できない必須アミノ酸は食べ物から直接吸収することになります。これらアミノ酸のうち「アミノ酸のチロシン」と「必須アミノ酸のフェニールアラニン」はLドーパというアミノ酸の一種に合成されやがてドーパミンになります。

 

ここでは、食物がドーパミンになる工程を説明します。また、Lドーパは体内で作らなくてもそれを含む食物を食べることでも補給できます。

 

ドーパミンはこんな工程を経て脳内で作られます。

 

ドーパミン

 

食物がドーパミンになるための過程は、アミノ酸の種類によってものによっても違ってきます。

 

@チロシンやフェニルアラニンを経由してLドーパ→ドーパミンになるよりは、
BLドーパを直接吸収してドーパミンを作る方が効率的です。

 

病気などの理由で体内でLドーパが作れない人やパーキンソン病などによってLドーパをドーパミンにする力が弱くなっている人には、Lドーパを含む食物を食べてドーパミン生成能力を補完することは理に適っています。

 

震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。
パーキンソン病薬をお考えの方へ耳よりな情報です→無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗