ドーパミンの基礎知識

ドーパミンを増やす「たっぷく豆」
ドーパミン不足を指摘されてお悩みのあなたへ無添加100%「たっぷく豆」

ドーパミンは体を動かす原動力

ドーパミンは、「やる気」「活力」「元気」などの人のココロの状態がとても良い時に分泌されている「ココロの元気の源」だというのが世間一般の認識です。

 

しかし、意外に知られていないのがドーパミンは「カラダを動かす原動力」だと事実です。

 

 

日頃、私たちは無意識に手や足を動かしていますが、実はそれらはすべて脳が命令してそれをドーパミンが筋肉に伝えた結果なのです。

 

そのためドーパミンは、神経伝達物質と呼ばれています。

 

もしドーパミンが極端に少なくなると脳からの命令は筋肉に満足に伝わらず「カラダはまともに動かない」ということになります。

 

例えば、「歩こうとしても一歩目がなかなか踏み出せない。」という症状で、パーキンソン病の患者さん特有のものです。

 

そこまでではなくても加齢とともにドーパミンの量は徐々に減少するため高齢者に多い「動きが緩慢」なのもそれが一つの理由とされています。

 

震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。
パーキンソン病薬をお考えの方へ耳よりな情報です→無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗